1度目の死産(16)

午後しばらくすると先生と看護師さんが部屋にきた。

先生は「赤ちゃんに会ってくれますか?」と聞いた。

 

怖い気持ちはもうなかった。

『会いたい』という気持ちと『会わなければいけない』という気持ちのどちらもあった。

 

看護師さんが先生に促され、木の小さい箱を持ってきた。

 

 

箱を覗き込むと、あの子がいました。

 

あの気持ちは今まで感じたことのない気持ちだった。

愛しいような、

悲しいような、

罪悪感なのか、

感情が何もないような。

 

とっても小さい我が子だった。

 

手足の指もちゃんと5本あって、爪もできていて、うっすら眉毛もあった。

性別を聞いたが、性別はわからないと言われた。

 

私よりも母が泣いている。

それを見て私も涙が出た。

 

赤ちゃんの姿は見えないように夫に写真をとってもらいました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不育症へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です