2度目の死産(3) 「悪夢再び」

 

※これはインスタグラムの投稿の再掲載になります。2019年1月の出来事です。妊婦さんはストレスに感じる内容になるので注意してください。

 

 

病院へ移動中、腰が少し痛くなっていた。

お腹は痛くない。

 

病院に着くとまだお産中ということで、看護師さんの案内で待合室で待った。

 

どれくらい待ったかわからない。

 

時計を見る心の余裕はなく、ただ祈っていた。

 

(お願いします!お願いします!

大丈夫。まだ生きているはず。きっと元気な姿が見える。)

 

 

30分くらいたっただろうか。

「お待たせしました。」

看護師さんと当直の先生が来て、経膣エコーをしてもらった。

 

エコーを見ながら

「子宮から出血しているね。」

まず先生がこう言った。

あとは無言でいろんな角度から見ていく。

 

時々赤ちゃんの姿が映る。

 

先生が言う前にわかった。

わからないわけがない。

 

(私はこの赤ちゃんの姿を知っている。)

 

手の震えを止めることができない。

 

じっくり見ていた先生が口を開く。

「ここに頭、背骨があります。」

「心臓がここらへんです。」

 

「………動いて……ませんか?」

 

「……動いてません。」

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不育症へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です