1度目の死産(11)

今ならギリギリ出勤していない。
夫もまだ家にいる時間でした。

急いで夫に電話をします。
夫は職場へは休みをもらうので今日でもいいと言いました。

母へも電話します。
身体がキツいなら早い方がいいだろうということで、1日早く出産することを決めました。

看護師さんへ家族と話し合って今日出産することを伝えます。
看護師さんから夫が病院へ到着したら教えてくださいというので、病室でしばらく待ちました。

 

 

今日会える。

同時にこの子がお腹にいるのはこれが最後だと思うと、会いたい気持ち、寂しい気持ち、出産に対する恐怖と不安で複雑な心境でした。

 

 

そんなことを考えていると、看護師さんが部屋に入ってきます。
出産後は全身麻酔で子宮の中を綺麗にする手術もします。
その準備のため点滴が始まりました。

点滴を始めてしばらくすると夫が病室に到着します。

母は県外から駆けつけるためすぐには来れませんが、夫がきたためとうとう陣痛を起こすことになりました。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不育症へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です