1度目の死産後の経過(2) 子どもに何かしてあげたい

夫へのイライラに耐えられなくなり、流産後1週間実家に帰省しました。

実家はやっぱり自分が育ってきた場所だけあって、精神的にすごく落ちつく場所☺️

遺骨も一緒に帰省したからずっとそばにいました。

精神的に落ち着いてくると

「あぁ、夫とちゃんと向き合えば良かったな。喧嘩してでもちゃんと言葉で言えば良かった。」っていう気持ちがわいてきて、少し反省しました。

 

精神的に落ち着いてくると、したい事も出てきました。

今まで自分のことばかりしか考えてなかったけど、亡くなった子どもの方が寂しいはず。

子どもに何かしてあげたい!

そんな気持ちが湧いてきました。

自己満足かもしれない。

でもしてあげたい!

 

 

まず考えたのが寂しくないようにしてあげたいという事。

ネットで検索すると「水子地蔵」という単語が目に入りました。

ただ地蔵なんてどこで買うのか?

仏壇屋で取り扱っているところもあるが、同じものがネットでも売ってあった。

あとで知った事だけど、水子地蔵にも種類があるらしい。

 

・錫杖(しゃくじょう)を持っている水子地蔵

  聞いたことある人もいるかも… 親よりも早くに死んだ子どもは親を悲しませたという罪の重さから、あの世の河原で親の幸せを願って石を積む。(悲しいのは子どものはずなのに、なんて事させてるんだって怒りたくなります💢)

その積んだ石を壊す鬼がいるのだけど、この鬼から守ってくれるのが錫杖を持った地蔵らしい。

 

・合掌している水子地蔵

  母親がわりの慈母地蔵尊。母が子へ与える愛情のように深い慈愛の心を持った菩薩様が元になっている。

 

・錫杖と一緒に子どもを抱いている水子地蔵

   子安地蔵。妊婦の安産を守護する地蔵尊。

 

私が買ったのは合掌しているタイプでした。

たぶん売ってあるほとんどの地蔵は慈母地蔵尊だと思います。

 

 

あともう一つ買ったものがあります。

それは遺骨ネックレス。

私はもともと遺骨ネックレス反対派でした。

だって身体をバラバラにしてしまうみたいで…😰

それが欲しいと思ったのは、いろんなところに連れて行ってあげたいと思ったから。

骨壷をずっと持ち運ぶわけにはいかない。

そこで思い出したのが遺骨ネックレスでした。

子供と同じ大きさのぬいぐるみとどちらにしようか迷いましたが、私は遺骨ネックレスにしました。

結果として買ってよかったと満足しています。

 

 

実際に購入したものを「メニュー」の中の「オススメ」→「購入したもの」に載せています。

参考にする場合はご覧ください。

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不育症へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です