1度目の流産後の経過(8) 妊娠・出産への不安

 

 

 

私は1人目の子を妊娠するまでに、妊活(タイミング法)して4ヶ月ほどで授かれました。

半年以内で授かれたので早い方だとは思いますが…タイミングをとればすぐ妊娠できると思っていた私は妊娠できなかった4ヶ月間、毎月生理がきてはがっかりしていました。

何年も妊娠を望んでいても授かれない不妊の人の精神的負担はかなりのものだと思います。

 

 

妊娠できるのは1ヶ月のうちで排卵する何日かしかチャンスがない。

ちゃんと排卵して、排卵するときに夫婦のタイミングがとれて、精子の状態が良くて、ちゃんと卵子までたどり着けて、受精できて、着床する部位も正しくないといけない。

これだけ全部そろうことすら奇跡的に思えます。

 

その奇跡をまた起こすことができるのか。

 

そして奇跡が起きたとして、また流産してしまうのではないかと不安でした。

初期の流産は一定数起こってしまう、それに加えて判明していない不育になる原因を自分が持っているのかもしれない。

かなりストレスだったと思います。

 

 

 

2人目の子どもを流産後不育症の検査を全部したのでわかるのですが、この時にやっぱり不育症の検査を全部していたらと思います。

もし原因が何も見つからなかったとしても安心感にはなるし………私の子宮の癒着がこの時に見つかったかもしれない。

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不育症へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です