2度目の死産(11) 「麻酔」

 

※これはインスタグラムの投稿の再掲載になります。2019年1月の出来事です。妊婦さんはストレスに感じる内容になるので注意してください。

 

 

なんとか分娩台に上がる。

周りには3人のスタッフがいた。

1人は点滴を準備し開始する。

もう1人は当直医に連絡。

もう1人はモニターなんかの機械を準備していた。

陣痛の痛みがなくなって、力が抜けて周りのスタッフの動きを見ていることしかできなかった。

もし自分がこの病院に勤めていたら、夜勤はこんな感じで動くのかって考えた。

 

 

助産師さんは下着の中を見て赤ちゃんが産まれていることを確認すると、もう一度当直医に連絡する。

連絡が終わると子宮の状態を確認。

お腹を押したり、指で掻き出したりする。

「胎盤出たかな?どれかな?」

そんな言葉が聞こえてきて

(胎盤がわかりずらいのなら、もしかして胎盤が悪かったのかなぁ。)

って考えた。

 

 

そうしている間に当直医が到着し、「頑張ったね。」と言ってくれた。

「麻酔をして。」

当直医から指示がでる。

子宮の中を綺麗にしないといけない。

酸素マスクをし点滴のルートから麻酔がはいる。

目をつぶるとだんだんとフワフワした感覚になった。

 

(次に目が覚めると全部終わった後か…。)

って思っていた。

 

 

 

 

ところが意識はなくならなかった。

全身麻酔なら意識もなくなると思っていた。

実際に前回は意識がなくなったから。

麻酔の効きが悪いのだろうか?

でも処置の痛みはない。

周りの声だけが時々聞こえる。

もしかして夢か幻聴だろうか?

それにしては私は冷静に考えていられるなって思った。

 

処置が終わると隣の部屋で赤ちゃんや胎盤を確認している。

 

周りから時々聞こえてきたのは、

「ありゃ、こりゃグルっと臍帯が首に巻いてるね。前の時もじゃなかった?」

「13、5cmです。胎盤は6…」

「下着も前の時のを持ってきてたよ。2回続けてはかなり辛いよね。」

そんな言葉が断片的に聞こえてきた。

 

 

 

 

しばらく扉が閉まっていたからか静かになって、時間がどれくらいたったかわからない。

 

 

 

次に誰か部屋に入ってくると名前を呼ばれた。

「toroさん。toroさん。」

頭がクラクラしながら目を開ける。

病衣が出血で汚れたため、分娩台に寝たまま着替えさせてくれた。

 

「部屋に戻りますね。」

 

そう言われて立ち上がろうとするが、麻酔が残っているためフラフラする。

介助してもらいながらゆっくりと車椅子に移り部屋に戻った。

 

 

部屋に戻るとまだ朝の6時前だった。

スマホの目覚ましを6時にセットしていたのを思い出し、解除してしばらく浅い眠りについた。

 

 

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不育症へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です