2度目の死産後の経過(17) 子宮鏡手術 手術まで編

 

※こちらは過去インスタグラムに投稿したものになります。

子宮卵管造影検査をして1ヶ月後のことです。

 

 

これまでの検査↓

1人目死産の後

http://huikunikkibaby.xyz/2019/07/29/1度目の死産後の経過3/

2人目の死産の後

http://huikunikkibaby.xyz/2019/10/30/2度目の死産後の経過4-不育症検査①/

http://huikunikkibaby.xyz/2019/11/09/2度目の死産後の経過7-不育症検査②/

http://huikunikkibaby.xyz/2019/12/11/2度目の死産後の経過13-子宮卵管造影検査-検査編/

http://huikunikkibaby.xyz/2019/12/14/2度目の死産後の経過14-不育症検査④-子宮卵管造影/

 

検査方法などは病院によって違うと思うので、参考程度に見てください。

 

私は生理周期だけはズレないことがほとんどでした。

ズレても2〜3日くらい。

それは仕事で夜勤していた時も変わらず、ホルモンバランスがいいのだけは変に自信をもっていたんです😅

一応今回は1週間遅れて生理はきてくれました。

これも仕事してなくて時間があるからできるのかなと思います。

もし前の職場にまだいたとして、生理がずれて子宮鏡できるからといって仕事は急には休めない😥

逆に仕事してて6月に希望の休みを出していたとしても、また生理がずれたらできなくなる可能性もあるわけで。

女性の生理周期っていつも安定しているとは限らない。

治療に集中できる環境があるのはありがたいです✨

 

子宮鏡は手術する数日前に一度ICがありました。

この頃ちょうど磯野貴理子さんの離婚のニュースがあっていました。

夫婦のことに口出しするのは……と思いますが、この離婚理由はこの頃の自分と重ねてしまうところがありました。

相手がどうしても欲しいものを自分が与えることができない。

それが私を失うことになったとしても、夫が子どもを欲しい気持ちが大きくなってしまったら受け入れるしかないですよね。

 

この半年後に大黒摩季さんの離婚も報道されるのですが、こちらはいろんな気持ちになってしまいました。

ちょっと長くなります。

大黒摩季さんの元夫は別れないといった。

しかし、大黒摩季さん自身が夫と別の人が子どもををつくることを後押ししたこと。

大黒摩季さん自身も何十年も頑張ってきて、彼との子どもを欲しかった気持ちはかなり強いはずなのに。

自分が十何年も頑張って悩んできたことを、別れを決意してすぐ自分以外の女性との子どもが出来たこと。

自分で望んだこととはいえ、心からの祝福ができるのかなっていう疑問。

自分以外の女性との赤ちゃんを連れた笑顔の夫を見てしまったら私なら……

 

 

どうしても私は「私なら」と考えてしまうけど、大黒摩季さんが「私がそれを望んだんだ」と言いきってしまうのなら何も言えない。

言ってはいけないことだと思いました。

 

なので私は「相手から離婚を言われたら」って考えてしまっていたのだと感じました。

話し合いはしますが、卑怯だけど自分から「離婚して欲しい」「他の人と子どもを作ってほしい」とは言わないと思います。

結婚式の時に言った「健やかなる時も病める時も」と宣言したときと変わらず、やっぱりどんなことがあっても2人でいたいと私は思っています。

そして気持ちのどこかでそれを夫にも望んでいます。

 

たぶん大黒摩季さんの報道がこの子宮鏡の時期にあっていたら、気持ちはもっとモヤモヤしていたと思います。

 

 

不安な気持ちの中、とうとう子宮鏡の当日になります。

なんとなく子宮卵管造影検査くらいの感じを想像していたので、想像以上の手術感にビックリしてしまいました。

私の場合は子宮鏡検査ではなく子宮鏡手術なので当然ではありますが、これまでの人生で手術らしいことはしてこなかったのでこの雰囲気は少し怖かったです💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です